ろ過装置

各種、汎用型ろ過装置です。
スペックシートに無い大型機種の製作も可能です。
又、標準仕様は下記の通りですが標準外仕様(材質、塗装など)も承りますのでお気軽にお問い合わせ願います。

標準仕様
缶体材質:  SS400
内面塗装:  エポキシ樹脂塗装 膜圧 150μm
     以上
設計圧力: 0.5MPa
自動弁: 缶径 1200φ以下 電動5方弁
     缶径 1500φ以上 空気作動バタフラ
    イバルブ×5ヶ
      (JFSシリーズは4ヶ)


*スペックシート中の処理量データは一般的な使用点を表したものです。
必ず原水水質、要求処理水水質を確認の上、当社または当社代理店による機種選定が必要です。

除濁装置

JFDシリーズは多層ろ過方式を採用した急速ろ過装置です。
多層ろ過により、従来の単層砂ろ過装置では除去出来なかった微細な濁質分まで除去することが可能です。
又、ろ材表面にだけの閉塞を起こし難いので逆洗回数が少ないメリットもあります。

 除濁装置
除濁装置仕様

除鉄・除マンガン装置

JFTシリーズは酸化ろ材等を使用する除鉄・除マンガン装置です。
充填ろ材を変える事で除色装置として使用することも可能です。
除鉄・除マンガン装置の場合には適切な薬液注入などの前処理が必要となり、処理システムの計画設計が必要になります。

 除鉄・除マンガン装置
除鉄・除マンガン装置仕様

活性炭ろ過装置

残留塩素の除去の場合にはSV=<15、その他、脱色、有機物低減などに用いる場合にはSV=<5程度が一般的です。
残留塩素の除去以外の用途では前処理が必要となる場合もあり、システムの計画設計が必要になります。
注: SV=Space Velocity

 活性炭ろ過装置
活性炭ろ過装置仕様

循環ろ過装置

JFSシリーズは浴槽やプールの循環ろ過の目的で設計された多層ろ過方式のろ過装置です。
ろ過性が良く、逆洗水量が少ない優れた特長を持っています。

 循環ろ過装置
循環ろ過装置仕様

ページトップに戻る