HOME > メディカル事業部 > 水処理用語集

水処理用語集

あ行

アスピレーター
流体を利用して、減圧状態を作り出すための器具。
RO水
逆浸透膜で濾過された水。
RO膜(逆浸透膜)
膜両側溶液間の浸透圧差以上の圧力を高波度液側に加え、溶媒(又は水)を溶質から選択的に低濃度液側に移行させることによって両者を分離するのに用いる半透膜。
ROモジュール
RO膜を容器に納め一体化したもの。
圧力損失
流体中のある2点間における圧力差。
イオン交換樹脂
陽イオン交換樹脂と陰イオン交換樹脂があり、硬水軟化装置や純水装置などに用いられる。
インターロック
誤操作や確認不足により、適正な手順以外の手順による操作が行われるのを防止する機構。
インバータ
電動機の電源周波数を自在に変えることで電動機の回転数を制御する装置。
インバータ制御
周波数と電圧を可変させ、電動機の回転を制御すること。
ウォーターハンマー
流体の流れを瞬間的に遮断させた時に慣性で管内に衝撃圧が発生する現象。
FI値
逆浸透膜の詰まりに関して、供給水の濁質を表す指標。 
SDI値
FI値に同じ。
LCD画面(タッチパネル)
液晶パネルのような表示装置とタッチパッドのような位置入力装置を組み合わせた電子部品であり、画面上の表示を押すことで機器を操作する入力装置である。 
エンドトキシン
グラム陰性桿菌の細胞壁に存在する耐熱性のリポ多糖で内毒素とも呼ばれる。
エンドトキシンは代表的な発熱物質であり、 微量でも血中に入ることで、発熱などの種々の生体反応を引き起こします。
エンドトキシンの単位(ET値)はEU/ml。
ORP(酸化還元電位)
酸化還元電位は、水中の酸化還元状態を表す数値です(単位:mV)。
酸化状態ではプラス、還元状態ではマイナスの値になります。
温度セル
温度変化に応じた機器、部品を内蔵したもの。

か行

回収率
供給水量に対する透過水量の比。
カーボンフィルタ
主に遊離塩素を吸着除去する。長期間使用で細菌が繁殖しやすくなる場合がある。
逆浸透
半透膜を隔てた高濃度側に浸透圧以上の圧を加えると溶媒が低濃度側に移行する現象。
逆浸透膜
逆浸透を利用した溶質と溶媒を分離する膜。RO膜。
キャビテーション
液体の流れの中で、圧力が飽和水蒸気圧より低くなったごく僅かな間に液体中に泡の発生と消滅が起きる物理現象のこと。
吸着
液体や気体中に溶け込んでいる物質が、別の物質表面に集まる現象。
クロスフローろ過
運転操作方法の一つで、供給水を膜面に沿って流し、透過水が供給水と直角方向に流れるようにするろ過方法。
結合塩素
クロラミンの形で残留する有効塩素。
原水
処理前の水。主に水道水又は井水。
原水フィルタ
原水中の微粒子、不溶性の酸化物などの除去を目的とする。
懸濁物質
水中に浮遊する粒径1mm以下の不溶解性物質の総称。
孔径
膜の分離性能を表すために用いる名目上の孔の径。
硬水軟化装置(軟水機)
陽イオン交換樹脂を用い、水中のカルシウムイオン、マグネシウムイオンを捕捉する装置。定期樹脂再生が必要。
硬度
水に溶解しているカルシウムイオン及びマグネシウムイオンの量を炭酸カルシウムの量に換算して試料1Lについてのmg数で表す。単位はmg/L。
コンタミネーション(コンタミ)
異物混入、あるいは異物混入があった製品を表す語である。
特に主原料とは異なった物質が混入することを意味する。
雑菌混入のことをコンタミネーション(コンタミ)と呼ぶ。

さ行

(樹脂)再生
硬水軟化装置の樹脂の硬度除去能力を回復させること。
殺菌
水中の病原菌などの微生物を不活性化すること。
サーマルリレー
電動機の異常による電流値の増加を検知して回路を遮断する過負荷保護装置。
残留塩素
塩素処理の結果、水中に残留した消毒に有効な塩素のことを残留塩素という。
そのうち次亜塩素酸と次亜塩素酸イオンを遊離型残留塩素といい、クロラミンを結合型残留塩素という。
紫外線殺菌装置
紫外線を発生させて微生物を死滅させる装置。
波長253.7nmの紫外線が発生させやすく、殺菌力も強いので、良く使われる。
紫外線殺菌には、作業環境の大気を殺菌するものと、水を殺菌するものとがある。
飲料水、医療用水、超純水製造システムなどに流水型や浸漬型の殺菌灯が使用されているが、影の部分には効力が及ばず、また、水あかの付着による管球の汚れでも殺菌効力は低下してしまう。
シーケンサ
あらかじめ組み込まれた論理回路にしたがって制御を行う器具。
消毒
人体に有害な物質を除去または無害化すること。消毒の方法には物理的方法(煮沸)と化学的方法(消毒剤)とがある。
初期抜水
装置の造水運転起動時にRO膜の初期透過水がRO水タンクに入らないようにする工程。
初期圧力損失
新品の目詰まりのない状態で通液したときの装置の圧力損失。
除去率
供給液中の溶質や懸濁物質は膜によって阻止される濃度の割合。 阻止率。
浸透圧
浸透現象が平衡になったときの半透膜両側に生じる圧力差。
シリカ
二酸化ケイ素(SiO2)、もしくは二酸化ケイ素によって構成される物質の総称。
シリカという呼び名のほかに無水ケイ酸、ケイ酸酸化シリコンと呼ばれることもある。
スキップ
ある一部を飛ばす工程・作業。
スケール
カルシウムやマグネシウムなどの堆積物。
水中の硬度成分(カルシウム・マグネシウム分)やケイ酸などの溶存物質が配管内部に付着し、硬化したもの。
精製水
蒸留、イオン交換処理を行って精製した水。
センサ
物理現象や対象の物理状態の変化などを捉え、信号やデータに変換して出力する装置や機器。
流量・圧力・温度・水質センサを使用している。
洗浄
水や洗剤などの洗浄液を用いて汚れを取り除く行為。
水によるフラッシング、透過水による逆洗などの物理的洗浄法と、酸、アルカリ液などの薬洗による化学的洗浄法がある。

た行

タイマ
あらかじめ設定した時間や残り時間を表示するもので、時計全般のこと。
軟水機の再生開始時間や送水ポンプの運転開始・終了設定等にタイマを使用している。
タイムラグ
ある現象の反応がすぐに起こらず,遅れて起こる際の時間のずれ。
濁質
液体中に沈殿せずに浮遊している非溶解性物質をいう。
濁度
水の濁りの程度を示す単位。
一般に、濁りは泥土、じんあい、有機物、微生物などが沈降せずに浮遊分散しているときに生じる。
タッチパネル(LCD画面)
液晶パネルのような表示装置とタッチパッドのような位置入力装置を組み合わせた電子部品であり、画面上の表示を押す ことで機器を操作する入力装置である。
超純水
無機イオン類、有機物、微細粒子などの不純物を極めて少ないレベルまで取り除き、純度100%の水に限りなく近い高純 度の水。
電磁弁
配管上に設置し、電気的に磁力を用いてプランジャと呼ばれる鉄芯を動かし弁(ダイヤフラム・ピストン等)を開閉する仕組みを持つもの。
管路流体の開閉制御に用いられる。
電動弁
配管上に設置し、電気的にモーターを駆動して弁(ボール等)を開閉する仕組みを持つもの。
管路流体の開閉制御に用いられる。電磁弁より開閉動作は遅い。
透過水
膜又はフィルタを透過した水。ろ過水ともいう。
透析液
電解質、並びに、通常、緩衝剤およびグルコ-スを含む水溶液で、血液透析中に血液の溶質を交換することを目的とする。
透析用水
ISO13959とISO23500に準拠した水で、透析液の調製、透析原液の調製、およびオンラインろ過療法用の置換液の調製を含む、血液透析療法に使用するために適している水。
導電率
電気伝導率とも呼ばれ、電気の通しやすさを示す。
水の場合は電解質が電気を運ぶ役割を担う。
水に含まれる不純物量が多いほど電気も多く流れる。
単位はμS/cm(マイクロジーメンス)
ドレイン
装置内タンクの水を排水・排出することを言う。軟水機からの排出水はドレイン水と言う。

な行

軟水
軟水とは、カルシウムやマグネシウムの金属イオン含有量が少ない水のことである。
WHOの定義では硬度120mg/L以下を軟水と定義している。
軟水機(硬水軟化装置)
「硬水軟化装置」に同じ。

は行

排水回収装置
RO膜から排出される濃縮排水を再利用する装置で、RO膜を使用して処理水を造水する。
処理水はRO装置用の原水タンクに戻される。
バイパス
迂回すること。RO装置ではROバイパスや前処理バイパスなどがある。
パイロジェン
発熱物質とも言う。体内において体温上昇作用をひきおこす物質の総称である。
ハウジング
一般的には容器の意味。
RO装置では10μフィルタ・カーボンフィルタ・RO膜を装着する容器としてハウジングと称している。
バクテリア
単細胞の微生物。原形質に明瞭な核をもたない生物の一群。主に分裂によって繁殖する。
微粒子
非常に細かい粒状のもの。
フィルタエレメント
膜、不織布フィルタなどの流路材と支持体を一体化したもの、またはそれを圧力容器に納めたもの。
フラッシング
一時的に水を勢いよく通水させてRO膜表面に付着した不純物を排水側に洗い流すのが、RO膜フラッシング。
フローシート
水の流れる図。本装置の水の流れを表す。
分画分子量
UF膜において特定の阻止率で阻止できる最小の分子量をいう。
pH
水素イオンの濃度を表す物理量である。中性はpH7、これより低い方を酸性、高い方をアルカリ性と呼びます。

ま行

膜ろ過
膜ろ過とは、連続した組織の間にある孔を利用して分離操作を行うもの。
対象物質の大きさによって、精密ろ過膜、限外ろ過膜、イオン交換膜、RO膜などに分類される。
マルチプレクサ
ふたつ以上の入力をひとつの信号として出力する機構である。
メカニカルシール
ポンプの電動機から動力を伝えるシャフトから液体が漏れ出ないようにする軸封方式。
無機物
有機物を除いたすべての物質。金属・塩類・水,水素・酸素・窒素などの各種の気体。
モジュール
逆浸透膜とハウジングを組み合わせた構造体である。

や行

薬液
液状の薬品。薬品を溶かした液。
UFエレメント(限外ろ過膜)
精密ろ過膜と逆浸透膜の中間に位置し、分画分子量数千~数百万程度の溶質又は粒子を分離する。
有機物
生物体を構成・組織する,炭素を主な成分とする物質。
溶存酸素
水中に溶解している酸素のことであり、自然界では大気中の酸素の分圧に比例して水中に溶解しています。

ら行

ランゲリア指数
ランゲリア指数(飽和指数)とは,水の実際のpH値と理論的pH値との差のことで,炭酸カルシウムの被膜(スケール)の形成のされやすさの目安となるものです。
ランゲリア指数が正の値で絶対値が大きいほど炭酸カルシウムの析出が起こりやすく,ゼロであれば平衡状態にあり,負の値では炭酸カルシウムの被膜は形成さないことを示します。
また,その絶対値が大きくなるほど水の腐食傾向が強くなります。
リアクトル
インバータの入力側の交流回路に設置する。電源協調、力率改善、および高調波抑制に効果がある。
リーク
相対的に漏れを意味する。塩素リーク等。
リフィル
次回の再生を行なう際の塩水を作る為に塩タンク内に水を補給すること。
レリーフ弁
安全弁とも言い耐圧保全装置の一つ。
配管などに取り付けられ、内部の圧力が過度に高くなると弁を開き、内部の流体を放出して圧力を下げ、機器や配管を保護する弁。
漏電遮断器
電気回路の絶縁が低下し、火災や感電の危険が発生したとき、回路を自動的に遮断する装置。
漏電電流が発生すれば動作し、動作時間も極めて高速であるため、たとえ感電しても人命に危険は生じないとされている。

わ行

ページトップに戻る